女性

二重整形の失敗を回避【口コミの確認が重要】

  1. ホーム
  2. 埋没法の基礎知識

埋没法の基礎知識

カウンセリング

種類や術後の注意点

埋没法は、まぶたを切開しないで目をクッキリ二重にする口コミで人気の美容整形です。細い一重まぶたでも、埋没法をすれば糸だけで目がぱっちりとなり、容姿が別人のように華やかになります。ただ、目やまぶたの状態によって最適な埋没法が異なります。うっすらと二重のラインが残っている一重なら、一点法による埋没法でラインをしっかり窪ませることができます。一点法とは、糸を一箇所だけ埋め込む埋没法です。埋没法の中でも一番簡単な手術で、片目10分もかからず終わります。手術による負担が少ないので、腫れたり内出血が出たりするリスクも最小限なので口コミで評判です。ただ、もともとはっきりとわかる一重まぶたの人が一点法をすると不自然になります。自然な仕上がりにしたいなら、二点法以上の埋没法が効果的です。糸を埋め込む箇所が多くなれば、それだけ二重のカーブがナチュラルになり、不自然さがなくなります。まぶたに脂肪が沢山ついていると、何点止めをしても糸が切れてしまうリスクがあります。腫れぼったいまぶたをしているなら、脱脂法で余分な脂肪を取り除いてから埋没法をするという方法もあります。脱脂法は数ミリメスで切開して脂肪を除去する整形手術です。埋没法をしてひだを作れば、傷跡は目立たなくなります。低リスクで口コミ人気が高い一点法による埋没法であっても、美容整形手術に変わりはないです。埋没法をしたあとはまぶたを刺激しないように注意を払う必要があります。埋没法は糸でまぶたの中にある筋肉を止めて二重にしている状態です。そのため、刺激を与えると糸が切れたり、引っ張られて緩んだりすることがあるからです。実際に埋没法をして二重が薄くなった、一重まぶたに戻ったという口コミもちらほら見受けられます。普段コンタクトレンズをしている人は、整形手術直後から3日くらいはレンズの装着禁止です。そのため、手術をする日はコンタクトはやめてメガネをかけていく必要があります。3日過ぎてもまぶたの腫れがひどいようなら無理をしてレンズを装着するのはやめて、しばらくメガネのまま生活するのが無難です。メイクは目元のアイメイクを避けてすることが大切です。洗顔やクレンジング時は、まぶたを触るか触らないか程度の優しさで丁寧に洗うようにします。まぶたをごしごし擦って洗わないことは、腫れが引いた後でも守らなければならないことです。腫れは一週間ですっかりなくなる人、1カ月以上続く人など様々です。一般的に血流が良くなると腫れが治りにくくなるので、アルコールの摂取、長風呂や半身浴、サウナなどは控えるのがおすすめです。